skin

tag : interior / furniture
date : December 2017
store : yacht
site : 4-10-24 Daita Setagaya Tokyo
space : 40㎡
material : birch plywood , urethane foam
cooperation:大森皓太 / Kota Omori

音楽専門チャンネルでお馴染みの、スペースシャワーネットワークが運営するアパレル工房兼ギャラリーの設計施工プロジェクト。構造露出する解体を前提としたリノベーションではなく、現状復帰を求められている賃貸物件において簡易に施工可能な、床壁天井の改修を試みた。木材のグリッドフレームは、9mm合板3枚を圧着した1枚のパネルを事前製作、現地組み立てとした。棚板-縦板接合部の溝加工が不要で容易に組み上げられるこの構法を用い、全体を統率する升状の大棚を設えている。施工の簡易さはコストコントロールだけでなく、場を作るプロセスからクライアントやその周囲にいる人たちとの協働を可能とし、結果的に地域のハブを目指すこの場所の第一歩として役割を果たした。壁と天井は、楽器や機材の緩衝材としても多用される波形プロファイル加工が施されたウレタンフォームで覆われている。利用が想定されるライブ等の際に必要となる防音機能と、音楽産業を牽引するクライアントを象徴する素材として位置づけた。合板の整然としたグリッドは、かつての改修で残った床タイルの目地あとをガイドラインとしており、場に残る空間の小さな歴史を引き継ぐ設計としている。