skin

tag : interior / furniture
date : December 2017
store : yacht
site : 4-10-24 Daita Setagaya Tokyo
space : 40㎡
material : birch plywood , urethane foam
cooperation:大森皓太 / Kota Omori

音楽専門チャンネルやメディアを主催する、スペースシャワーネットワークが新しく運営するアパレル工房兼ギャラリー“yacht”の設計施工プロジェクト。衣類に直接印刷が可能なガーメントプリンターと全自動刺繍機を備え、一枚の衣類を作ることから地域の拠点を目指す場である。
計画地は都心の駅前の路面に位置し、プラスターボードで覆われた簡素な居抜き物件である。更新の激しい都心部の物件の多くがそうであるように、このプロジェクトでも「現状復帰」を前提とした計画を求められた。そこで、構造を露出する骨格的なリノベーションではなく、床壁天井の簡易な更新による、表皮的な場の作られ方とその施工性について考えた。一見、チープとも言えるような「側」の更新の仕方を見直すことで、周囲の状況を巻き込みつつ軽やかな場作りの実現が、設計と施工を横断することで可能だと考えた。
グリッドフレームの縦板は、9mm合板3枚を圧着して作られたプレバネルを現地組み立て仕様とし、事前に棚板をはめるための溝を作っている。棚板-縦板接合部の溝加工が不要で容易に組み上げられるこの構法を用いて、全体を統率する升状の大棚を設えている。施工の簡易さはコストコントロールだけでなく、場を作るプロセスからクライアントやその周囲にいる人たちとの協働を可能とし、結果的に地域のハブを目指すこの場所の第一歩としての役割を演じた。壁と天井は、楽器や機材の緩衝材としても多用される波形プロファイル加工が施されたウレタンフォームを採用。機能として求められた防音機能と、音楽産業を牽引するクライアントを象徴する素材として位置づけた。また、柔らかな手触りと起伏はまるで人体の柔毛のようにも重なり、硬質的な壁と天井にはない柔らかな空間の印象を与えている。合板の整然としたグリッドは、かつての改修で残った床タイルの目地あとをガイドラインとしており、場に残る空間の小さな歴史を引き継ぐ設計とした。結果的に室内に小さな構造体が現れているが、梁にはパイプを仕込むことで衣類を掛けることが可能な家具的な側面も持たせている。
このプロジェクトは、浜松を拠点にする私たちにとって東京という遠方の地で設計施工を一貫して実現され、しかもそれが初回打ち合わせから竣工まで1ヶ月半という凝縮した期間で行われた。クライアントの関係性が近かったこともその要因として挙げられるが、場の作り方自体を設計できたことが大きい。設計と施工を断絶せず、また施工においての職人的(追求/仕口/速度)あるいは素人的(発見/素材/手数)とどちらにも収束しない、プロジェクトとの適切な距離感の上で実現された建築である。

Design and construction project of apparel workshop / gallery. It is equipped with garment printers that can be printed directly on clothes and automatic embroidery machines. It is aiming to become a regional hub by making a piece of clothing.
The planned site is street level store located center of the city and was covered with plasterboard. As in many of the properties in the center of the city, this project also asked for a plan based on “return to the present situation”. Therefore we think about how to create an epidermal field and its workability by simple renewal of the floor wall ceiling, not skeletal renovation that exposes the structure. By reviewing how to update the epidermis, we realized that it is possible to create a place to involve surrounding situations by crossing design and construction.
The vertical plate of the grid frame is a pre-panel made by pressing 3 pieces of 9mm plywoods. We make a groove to put the shelf plate in advance and assembled on site. Using this construction, we set up a large shelf that leads the whole. Wall and ceiling are covered with waved urethane foam which is also frequently used as a cushioning material for instruments and equipment. It was positioned as a material symbolizing a client leading the music industry and soundproofing required as a function.The soft touch and relief are physical, giving the impression of a soft space that is not on hard walls and ceiling. Simplicity of construction made it possible not only to control costs but also to collaborate with clients and people around them from the process of creating a place. It played a role as the first step of this place aiming as the regional hub.The orderly grid of plywood is designed to take over the small history of the space, with the trace of the former floor tile as an auxiliary line. As a result, a small structure appeared inside the room, but it has a furniture side which can hang clothes by adding pipes in the beam.
This project consistently performed design and construction far away from our base. Moreover, it took place in a condensed period of one and a half months until completion. The client’s relationship was close is also a factor, but I think we could design the way of making the place itself. In this project we did not divide design and construction, and tried to cross the boundary of craftsmanship (pursuit / quality / speed) or amateur (discovery / quantity / material) of construction.